フラッシュモブでプロポーズされるのは嫌派が多数!?失敗談を集めてみた

2018年11月25日

フラッシュモブでプロポーズ

周りの人が突然踊りだしたり、パフォーマンスを行う「フラッシュモブ」。
サプライズ感満載のため、プロポーズに行う人も多いです。海外のネット動画から広まり、プロポーズするならぜひこれをやりたいと憧れる人もいます。

しかし女性目線からすると迷惑に思う人が意外と多く、失敗することも少なくありません。

あまりに派手だと惹かれてしまったり、思わず逃げ出したくなる気持ちになる人がいることも覚えておきましょう。
男性にとっては一世一代のプロポーズですが、どんな理由で失敗したのかを集めてみました。

おすすめリンク
プロポーズの花束15選

プロポーズにおすすめの花束が特集されているサイトです。
一生の思い出に残るプロポーズに「花束」は欠かせないですよね!
プロポーズを彩る花&花束選びの参考におすすめです。

一番多いのが、女性にOKしてもらえなかったと言う例です。
大勢の人達が祝福のために行いますが、それが仇となり振られてしまうのです。恥ずかしい・みっともないと思う女性が多いため、フラッシュモブを行う時は女性の好みや性格をきちんと知った上で計画しましょう。
騒ぐのが好き・目立つのが好きな人は喜んでもらえる場合が多いです。

振られてしまっては元も子もないので、どうしても行いたい人は小さなレストランの中や、友人だけが集まった会など他人を介さない場所が良いかもしれません。身内だけや、小さな空間なら受け入れられやすいです。

それ以外には、パフォーマンスが上手くいかなく失敗する場合もあります。
やはり大掛かりな仕掛けになることもあり、長いパフォーマンスだと段取りに失敗することもあるのです。全て上手くいってこそ恰好良く決まるものなので、順序や段取りをしっかり確認しておくことは大切になってきます。

本番までの練習や、場所確認などは怠らないように抜かりなく計画を練りましょう。
参加する人数が足りない、ダンスが上手くできないなどと言う場合は、最近はプロに依頼することも可能になっています。プロはダンスや段取りも完璧に行ってくれるので、完成度の高いフラッシュモブにしたいのなら、プロに協力してもらうのも成功する秘訣の一つです。

そして屋外で行う人は、無関係の外野の人達に邪魔されるなんてこともあるようです。公共の場で行う時は、周りにいる人達もビックリするものです。
普通にしていた人達が突然踊りだしたりするため、何事かと足を止めて見る人も多いでしょう。
特に広い場所などは、何かのイベントと勘違いして大勢のギャラリーが集まってしまうこともあるのです。

それゆえ使いたい場所に他人が入ってしまったり、冷やかしで邪魔をされてしまう可能性もゼロではありません。民家や所有地・店舗近くなどは迷惑になり、最悪警察に通報されることもあるのです。
他人の迷惑になることは絶対にNGです。迷惑になりそうな時は、前もって断りを入れておくことを忘れないようにしてください。大きすぎる音や、花火など火を使う演出などはできるだけ控え、常識の範疇で行うようにしましょう。

このように失敗につながる原因は色々あります。思うようにできないと行った本人も気持ちも落ち込むし、相手もどうしたら良いかわからず戸惑ってしまうものです。一番大切なのは、相手に結婚したい真剣な気持ちを伝えることです。

派手なパーティーっぽい演出ですが、決める所は決めて本気の気持ちを示すことを最大の目標にしてください。
フラッシュモブが原因で万が一相手が怒ってしまったり断られてしまった時は、後からきちんと話し合うことを忘れずに。

プロポーズの気持ちは嬉しいけれど、大勢の前では恥ずかしくてOKを出せなかったと言う人も実際にいます。

2人になった時改めてプロポーズしたら、OKをもらえるかもしれません。
きっと十分に気持ちは伝わるはずなので、フラッシュモブに成功しても失敗しても自分の気持ちをしっかりと伝えてください。恥ずかしがらず、思い切ってぶつかってみましょう。